読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすまるのトレーニング日誌

ランニングと筋トレの記録。ときどき雑記

『闇経済の怪物たち~グレービジネスでボロ儲けする人々~』

 『VRビジネスの衝撃』をkindle版で読み終えた後、”この本を買った人はこんな商品も買っています”というところでこの本が紹介され、面白そうなので読んでみました。

闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書)

闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書)

 

 本書の構成は、様々なジャンルでのグレービジネスでボロ儲けしている人物に著者が取材した内容をまとめており、目次としては以下のようになっています。

 

まえがき

第1章 「裏」情報サイトの先駆者

第2章 出会い系サイトの帝王

第3章 堅気のデリヘル王

第4章 危険ドラッグの帝王

第5章 日本一のイカサマ・カジノディーラー

第6章 FXの帝王、仮想通貨に挑戦

第7章 六本木の帝王と関東連合

第8章 詐欺の帝王の新事業

第9章 ヤクザ界の高倉健

あとがき

 

どの話も面白かったりなるほどなと思わされたのですが、特に印象に残ったことを挙げていきます。

 

”激裏情報”ってサイト知ってる?

 

これは第1章の話なのですが、知ってます?激裏情報というサイト。

 

なんと1996年という、インターネット最初期からあるサイトなのですが、恥ずかしながら僕はこの本で初めて知りました。

 

儲け話やエロにゴシップ、果ては爆弾の作り方まで、名前の通りありとあらゆる裏情報を年間1000通以上も発信しているサイトです。

 

情報をみるには1万円の年会費が必要で、会員は現在約8000人。つまり年間8000万円の収入を上げていることになります。

 

どうやって情報を仕入れているの?

 

そうなると気になるのは、情報の仕入先になります。もちろん、ある分野の事情通をスタッフに置いておりそこから仕入れることもあるそうですが、一番の情報提供者はなんと会員。

 

つまり、何かを知りたがる人は身近に何かを知っている人でもあるわけです。たいていの情報には500円以上を提供し、その分を積み立てて翌年の年会費を減額する仕組みをとっているそうです。また、狙いを定めた情報には10万円以上だすこともあるようなので、重要な情報が集まりやすくなっているわけです。

 

ただの情報の横流しで儲けているわけですが、早く始めたことが何よりも大切なことだったのでしょう。正直ちょっと利用してみたくなりました。

 

出会い系サイトは1人の人間から最大いくら引き出せるのか

これは第2章の話ですが、答えは2億円!しかも女性から1年ちょっとの間に引き出したそうです。

 

彼女は北陸の大手食品会社の娘さんで、サイトのサクラは世界を飛び回ってる青年実業家という設定でした。メール上、結婚することにまでなっていたそうです。

 

この出会い系サイトはメールでのやりとりのみで、サクラに会わせないことが原則だったようですがあまりにも太い客なので例外的に会せたそうです。実際に会えた彼女は泣くほど感動したとか。なんだかとっても不憫です。

 

どうやって終わらせたのか

しかしサクラの出会い系サイトは無限に搾取することは不可能で、どこかで終わらせないといけません。

 

メールでの作法が重要だそうですが、2億円彼女の場合ここまでのめりこませるとメールでどうこうできるレベルを超えています。そこでそのサイトはどうしたかというと、、

 

青年実業家を殺した

 

あくまでメール上の設定の話ですが(笑)もう死ぬしか方法はなかったようです。それでなんの後腐れもなく諦めたようなのでなんとも凄い話です。

 

まとめ

と、いうような感じで残りの7章も儲け方だったり、雑談のネタになったりするような話があったりで面白く読めました。(ブログには書けない違法行為もありました)

 

しかしまあ、どの方も月に数百万は当たり前のように稼いでいて驚きです。今日は給料日だったのですが、自分の給与明細と見比べて胸がきゅっとなりました。

 

闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書)

闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書)